発達障がい早見表広汎性発達障がい(自閉症)高機能自閉症・アスペルガー症候群注意欠陥・多動性障がい(ADHD)学習障がい(LD)ライフステージ早見表ライフステージ・ストーリー相談機関一覧医療機関一覧親の会一覧医療手帳と自立支援給付の請求保険の紹介大分県発達障がい者医療専門員養成研修サポートブックコミュニケーション支援ボード本人発言参考図書の紹介福祉分野における資格の紹介発達障害者支援法メッセージ

はじめの一歩、療育手帳と自立支援給付の請求

 JIS:201015 欲しい

療育手帳とは?

居住地を管轄する福祉事務所または市町村に申請し、児童相談所(18 歳未満) または知的障害者更生相談所(18 歳以上)において知的障がいと判断された人 に対して、都道府県知事により交付される手帳のことです。 その目的は、知的障がい児(者)に対する一貫した療育、相談を行うと共に、 さまざまなサービスや福祉制度を受けやすくすることです。 手帳の「A1」「A2」「B1」「B2」とは大分県では障がいの程度によりに分け られます。 基本的には療育手帳は知的障がい児(者)のための手帳ですが、知的障がい を伴わない高機能自閉症やアスペルガー症候群の方でも、ご本人の状態等が考 慮される場合があります。また、アスペルガー症候群の人の中には、精神障害 者保健福祉手帳を取得している人もいますので、詳しくは各市町村障害福祉窓 口にお尋ねください。

 

@ 申請(本人または保護者)
A 受付(各市町村窓口)
B 判定・交付 (18 歳未満は児童相談所) (18 歳以上は知的障害者更生相談所)
C 受け渡し(各市町村窓口から本人または保護者へ)

 

手帳取得で受けられるサービス

医療 交通機関運賃の割引 各種料金の減免 税の特別措置等があります。

 

年金・手当て

@特別児童扶養手当 A児童扶養手当 B障害福祉手当 C障害基礎年金 D特別障害者手当等があります。 その他、各市町村独自の給付金制度がある場合がございます。詳しくは各市町 村の障害福祉担当窓口までお尋ねください。

 

税の軽減・免除

@所得税 A住民税 B相続税 C軽自動車税 D自動車税 E自動車所得税等があります。

 

 JIS:403010 お金

 

自立支援給付とは?

平成15 年よりスタートした支援費制度が、平成18 年から障害者自立支援法に移行しました。障がいをもった人がホームヘルパーや生活介護などの福祉サービスを利用することができます。

 


 JIS:203025 行く
 JIS:203026 来る

 

自立支援給付の利用の仕方

T.制度の利用に関する情報の提供と相談サービスの利用について自立支援給付の支給を希望する人は、必要に応じて市区町村の窓口等で情報の提供を受けたり、サービス利用の相談をすることができます。

 

U.利用申請
必要なサービスを選択し、市区町村へ利用の申請を行います。

※18 歳未満の障がい児の場合は、申請は保護者が行います。

V.支給決定

市区町村は、利用者から聞き取りを行い、支給決定にあたって必要な事項について勘案します。勘案の結果、支給が適切と認めたときは、支援の種類ごとに支給決定をし、決定された内容が記載された障害福祉サービス受給者証が交付されます。


W.事業者・施設と契約

支給が決定したら、利用者が選択した事業者・施設との間で、サービス利用に関する契約を結びます。

X.サービスの利用

利用者は、事業者・施設に受給者証を提示してサービスを利用します。また、事業者はサービスを提供した場合に記録票に記入するなどして、サービスの利用状況や支給量の残量が、利用者と事業者がともに把握できるようにします。

 

Y.障害者自立支援法における自立支援給付の概要

障害程度区分認定審査会で区分1から区分6の認定を受けた方に、生活上又は療養上の必要な介護をおこないます。

 

○介護給付について

介護給付(費)
サービス名 サービス内容
ホームヘルプ
(居宅介護)
自宅での入浴や排泄、食事などの介助を提供する
重度訪問介護 重度の肢体不自由者で、常に介護が必要な人に自宅で入浴や排泄、食事などの介助や外出時の移動支援をする
重度障害者包括支援 介護の必要性がとても高い人に、居宅介護等の複数のサービスを包括的に提供する
行動援護 知的や精神障がいにより行動が困難で常に介助が必要な人に、行動するときに危険を回避するために必要な介助や外出時の移動の補助等をする
療育介護 医療の必要な障がい者で常に介護が必要な人に医療機関で機能訓練や療養上の管理、看護、介護、及び日常生活のお世話をする
生活介護 常に介護が必要な人に、施設で入浴や排泄食事の介護等を行うとともに、創作的な活動や生産活動の機会を提供する
ショートステイ
(短期入所)
自宅で介護する人が病気等の場合に、短期間、夜間も含めて施設で入浴、排泄、食事の介護等をする
施設入所支援 施設に入所する人に夜間や休日に、入浴、排泄、食事の介護等をする
児童デイサービス 障がい児に日常生活での基本的な動作の指導、集団生活の適応訓練等をする
ケアホーム
(共同生活介護)
夜間や休日に共同生活を行う住居で、入浴、排泄、食事の介護等をする

 

○訓練等給付について

身体的又は社会的なリハビリテーションや就労につながる支援を行います。

訓練等給付(費)
サービス名 サービス内容
自立訓練
(機能訓練・生活訓練)
自立した日常生活や社会生活ができるよう、一定の期間における身体機能や生活能力向上のために必要な訓練を行う。(機能訓練⇒身体障がい者に対して、生活訓練⇒知的・精神障がい者に対して)
就労移行支援 就労を希望する人に、一定の期間における生産活動やその他の活動の機会の提供、知識や能力の向上のための訓練を行う。
就労継続支援
(A 型・B 型)
就労を希望する人に、一定の期間における生産活動やその他の活動の機会の提供、知識や能力の向上のための訓練を行う。(A 型⇒雇用契約締結、B型⇒雇用契約締結せず)
グループホーム
(共同生活援助)
知的障がい者及び精神障がい者が地域で共同生活を営み、住宅における相談や日常生活上の援助をする

 

*平成18 年10 月から自立支援給付等の各事業に移行するものであって、経過措置(平成24 年3 月31 日までの日で政令で定める日までを期限に)として従来通りの体系で運営されている施設もあります。


大分県 自立支援給付申請窓口一覧

 JIS:502015 役所・市役所

 

機関名
住所
電話番号
管轄地域
大分市福祉保健部
障害福祉課
〒870-0046
大分市荷揚町2-31
097-537-5658
FAX 537-1411
大分市
別府市福祉保健部
障害福祉課
〒874-0905
別府市上野口町1-15
0977-21-1111
FAX 22-1780
別府市
中津市福祉保健部
社会福祉課
〒871-0058
中津市豊田町14-3
0979-22-1111
FAX 25-2335
中津市
日田市福祉事務所 〒877-8601
日田市福祉事務所
0973-23-3111
FAX 22-8258
日田市

佐伯市福祉事務所
〒876-0854
佐伯市中村南町1-1
0972-22-3111
FAX 23-6002
佐伯市
臼杵市福祉課 〒875-0041
臼杵市大字臼杵72-1
0972-63-1111
FAX 63-3063
臼杵市
津久見市福祉事務所 〒879-2435
津久見市宮本町20-15
0972-82-9519
FAX 82-9466
津久見市
竹田市福祉事務所 〒878-0011
竹田市大字会々1650
0974-63-4811
FAX 63-0988
竹田市
豊後高田市福祉事務所 〒879-0605
豊後高田市大字御玉114
0978-22-3100
FAX 22-2640
豊後高田市
杵築市福祉事務所 〒873-0001
杵築市大字杵築377-1
0978-62-3131
FAX 62-3909
杵築市
宇佐市福祉事務所 〒879-0453
宇佐市大字上田1030
0978-32-1111
FAX 32-0341
宇佐市
豊後大野市福祉事務所 〒879-7198
豊後大野市三重町市場1200
0974-22-1001
FAX 22-6653
豊後大野市
由布市福祉事務所 〒879-5192
由布市湯布院町川上3738-1
0977-84-3111
FAX 28-8610
由布市
国東市福祉事務所 〒873-0502
国東市国東町田深280-2
0978-72-1111
FAX 73-2001
国東市
姫島村住民福祉課 〒872-1501
姫島村1630-1
0978-87-2111
FAX 87-3629
姫島村
日出町福祉保健課 〒879-1592
日出町2974-1
0977-73-3111
FAX 73-2833
日出町
九重町ふれあい生活課 〒879-4895
九重町大字後野上8-1
0973-76-2111
FAX 76-3840
九重町
玖珠町福祉保健課 〒879-4492
玖珠町大字帆足268-5
0973-72-1111
FAX 72-2112
玖珠町