発達障がい早見表広汎性発達障がい(自閉症)高機能自閉症・アスペルガー症候群注意欠陥・多動性障がい(ADHD)学習障がい(LD)ライフステージ早見表ライフステージ・ストーリー相談機関一覧医療機関一覧親の会一覧医療手帳と自立支援給付の請求保険の紹介大分県発達障がい者医療専門員養成研修サポートブックコミュニケーション支援ボード本人発言参考図書の紹介福祉分野における資格の紹介発達障害者支援法メッセージ

5.得意と苦手が極端な、学習障がい(LD)

 

 JIS:201020 頭が痛い

 

聞く・話す・読む・書く・計算する・推論するといった能力の中で、特定分野の習得と使用に著しい困難がみられます。また、それが原因となって集中できなかったり、落ち着きのない様子がみられたりすることもあります。脳の中枢神経系に機能障がいがあると推定されており、視覚・聴覚・知的・情緒などの障がいや、環境的な要因が直接の原因となっているわけではありません。


□ 代表的な3 つのタイプと特徴

 

@読字障がい(ディスクレシア)

似た文字の区別ができない、どの行を読んでいるのかわからなくなる、飛ばし読みが多い、読むのが遅い、読んでいると頭痛がしてくるなど、字を読むことに困難を抱えているタイプ。

 JIS:204006 読む

 

A書字障がい(ディスグラフィア)

鏡文字、書字や視写ができない、聞き写しができない、読点が使えない、作文が書けないなど、字を書くことに困難を抱えているタイプ。

 JIS:204011 勉強する

 

B算数障がい(ディスカリキュリア)

数の大小がわからない、簡単な計算でも指を使う、ケアレスミスが多い、繰り上がり・下がりが理解できないなど、算数に困難を抱えているタイプ。「読み」と「書き」の障がいには密接なつながりがありますが、「読み」と「算数」の障がいを合併していたり、「書き」と「算数」の障がいを合併している場合もあります。

 JIS:202003 大きい
 JIS:202004 小さい

 

□ 対応、関わり

 

 JIS:201013 難しい

読み書き計算が困難なことを理解して

あなたが「自分は視力が弱いために物がよく見えない」と訴えたときに、周りから「それは努力が足りないからだ」と言われたら、どういう気持ちになるでしょうか? LDの人たちはこれと同じような状況にいます。まずは、そういった彼等の特性や気持ちを「知って」「理解すること」から始めてください。

 

 


 JIS:204020 叱る

むやみに叱らず、出来るように工夫して

実際に「読み書き計算」が苦手だったり、一度で指示を理解できなかったり、忠告を受けてもすぐに忘れてしまうような子ども(や大人)は、「なんで真面目にやらないのだ!」と、頭ごなしに叱られやすいものです。しかし、こうして叱られることは、本人の自尊心を傷つけたり、劣等感を持たせたりするだけで、本当の支援にはつながりません。むしろ、どうすれば彼らが出来るようになるのか、そのサポートの仕方を支援者側が工夫しながら接していくことが大切です。

 

 

 JIS:204019 褒める

得意な面や小さな成功を見つけて、伸ばそう

人から誉められることは誰でも嬉しいものです。彼らは自分を人と比べて自信をなくしたりしてしまうため、本人の得意な面を見つけて、伸ばすような配慮を心がけてください。また、少しでも進歩したら、「昨日まではできなかったのに、今日は○○ができるようになったね、よく努力したね」と具体的に誉めたり、認めたりするような声かけをしてください。

 

引用・参考文献
『自閉症の手引き/社団法人 日本自閉症協会』
『アスペルガー症候群を知っていますか?/社団法人 日本自閉症協会東京都支部』
『LD・ADHD・高機能自閉症とは?/全国LD親の会』