発達障がい早見表広汎性発達障がい(自閉症)高機能自閉症・アスペルガー症候群注意欠陥・多動性障がい(ADHD)学習障がい(LD)ライフステージ早見表ライフステージ・ストーリー相談機関一覧医療機関一覧親の会一覧医療手帳と自立支援給付の請求保険の紹介大分県発達障がい者医療専門員養成研修サポートブックコミュニケーション支援ボード本人発言参考図書の紹介福祉分野における資格の紹介発達障害者支援法メッセージ

聞いて納得、本人発言

成人の自閉症の方に質問しました。

 JIS:502012 学校


☆学校とは
「勉強や、家では学べないことを学ぶ場になっています。でも、なやみや不安等があっても、先生や友人等が聞いてくれなければ、学校に行きにくくなります。だから、学校に行くふりをして学校に行かない。ささいなことでカッとな
って教師等に暴力をふるうなどの問題が起こると思います。」

 

 JIS:204021 働く

☆仕事とは
「働くことで給料をもらう、最低限のマナーを覚えるなどが仕事です。私だって、どこに仕事に行っても、マナーが悪い、仕事のじゃまになるなどでよくおこられてました。それでも仕事に集中する。いらないことをしないなどができ
れば十分仕事になると思います。」

 

 JIS:201001 好き

☆好きな人とは
「見かけがきれい、かっこいいというだけでなく、なやみや不安を聞いてくれる人、笑顔がいい人などが好きと思います。好きな人だったら、いても楽しいと思います。」

☆嫌いな人とは

「性格が暗い、人からいろいろ話されても話を聞いてくれない。人のことを考えないで自分だけよければそれでいいよと思っている人は嫌われる人になると思います。私は、みんなから好かれる人になるのでしょうか、それとも嫌われる人になるのでしょうか。みんなからきらわれないようにどりょくする必要があると思います。

 JIS:204012 会う

 

☆社会性とは

「自分でしたいことは、なんでもしようというのではなく、もう少し考える必要がある。」


☆望ましい支援とは

「特定の人に支援がかたよるのではなくて、まんべんなく同じ様な支援ができるとよいと思う。そのためには、支援を受けている人の特性をよく知り、それに対してどういう対応をすべきなのかを考える必要がある。」

 

☆支援者の姿勢として大切なことは

「パニックや自傷・他傷等の問題がある場合には、安易に解決しようと考えずに、まず、どうして問題行動が起こるのか、問題行動がある前はどういう状態だったのか等をしっかり考える必要がある。そのためには、本人の特性・性格等をよく知り、それにあった支援をする必要がある。職員も性格がみな違うのだから、支援のやり方が一人一人違うのは当たり前であって、本人も一人一人違うので、特性も違うのである。だから、自分の考えを他人に押し付けるのではなく、みんなで考えてしっかり行動する必要がある」

☆発達障がい者の芸術作品


発達障がい者の芸術作品 めぶき園 塩野公彦「家族」 

めぶき園 塩野公彦「家族」

発達障がい者の芸術作品 上田豊治「光と影と心 上田豊治 切り絵の世界/マルニ」より

上田豊治「光と影と心 上田豊治 切り絵の世界/マルニ」より

 

 JIS:204008 描く